HOME » 研究業績 » 学会発表・講演

学会発表・講演

2013年

久芳素子、松坂賢、煙山紀子、唐ネ、大野博、中川嘉、矢藤繁、嶋田昌子、矢作直也、鈴木浩明、山田信博、島野仁
第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会
「脂肪酸伸長酵素Elovl6の欠損は高コレステロール食誘導性脂肪肝を改善する」、2013年7月18日、京王プラザホテル

松坂賢、渥美綾香、唐寧、煙山紀子、久芳素子、中川嘉、嶋田昌子、小林和人、矢藤繁、高橋昭光、曽根博仁、矢作直也、鈴木浩明、中牟田誠、山田信博、島野仁
第56回日本糖尿病学会年次学術集会
「非アルコール性脂肪性肝炎における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割」、2013年5月16日、ホテル日航熊本

煙山(鈴木)紀子、松坂賢、所司慶太、加藤淳子、唐ネ、久芳素子、岩崎仁、小林和人、矢藤繁、石井清明、中川嘉、嶋田昌子、矢作直也、鈴木浩明、山田信博、島野仁
第56回日本糖尿病学会年次学術集会
「脂肪酸伸長酵素Elovl6欠損マウスの摂食行動解析」、2013年5月16日、ホテル日航熊本

煙山(鈴木)紀子、松坂賢、所司慶太、加藤淳子、唐ネ、久芳素子、岩崎仁、小林和人、矢藤繁、石井清明、中川嘉、嶋田昌子、矢作直也、鈴木浩明、山田信博、島野仁
第86回日本内分泌学会学術総会
「脂肪酸伸長酵素Elovl6欠損マウスはショ糖嗜好性が亢進する」、2013年4月25日、仙台国際センター

唐ネ、松坂賢、鈴木真璃衣、中野雄太、煙山(鈴木)紀子、久芳素子、岩崎仁、小林和人、矢藤繁、石井清明、中川嘉、嶋田昌子、矢作直也、鈴木浩明、山田信博、島野仁
第86回日本内分泌学会学術総会
「膵ベータ細胞における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割」、2013年4月26日、仙台国際センター

Takashi Matsuzaka, Rie Matsumori, Tsuyoshi Yamazaki, Haruna Shinozaki, Hiroyuki Daida, Yukio Nagasaki, Hitoshi Shimano
2nd International Conference of Biomaterials Science in Tsukuba (ICBS2013)
PEGylated and quaternized polyamine nanogel”, a brand-new bile acid sequestrant, ameliorates lipoprotein profiles and reduces atherosclerosis in low-density-lipoprotein receptor deficient and apolipoprotein E deficient mice.(ポスター発表)、2013年3月19日~20日、つくば国際会議場

2012年

Yuta Nakano, Takashi Matsuzaka, Nie Tang, Marii Suzuki, Noriko Suzuki-Kemuriyama, Motoko Kuba, Keita Shoshi, Tomotaka Yokoo, Yoshimi Nakagawa, Kiyoaki Ishii, Masako Shimada, Hitoshi Iwasaki, Kazuto Kobayashi, Shigeru Yatoh, Akimitsu Takahashi, Naoya Yahagi, Hiroaki Suzuki, Nobuhiro Yamada, Hitoshi Shimano. 第35回日本分子生物学会年会、Deletion of Elovl6 protects against the failure of pancreatic beta-cell mass and function in db/db mice.(ポスター発表)、2012年12月11日、 マリンメッセ福岡

松坂 賢、島野 仁
第11回ホスファチジルセリン研究会、 生活習慣病における脂肪酸組成制御の重要性と脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割.(招待講演)、2012年11月16日 、東京海洋大学

Takashi Matsuzaka, Tang Nie, Noriko Suzuki-Kemuriyama, Motoko Kuba, Yoshimi Nakagawa, Kiyoaki Ishii, Masako Shimada, Kazuto Kobayashi, Shigeru Yatoh, Akimitsu Takahashi, Hirohito Sone, Naoya Yahagi, Hiroaki Suzuki, Makoto Nakamuta, Nobuhiro Yamada, Hitoshi Shimano. 9th IDF-WPR Congress and 4th AASD Scientific Meeting. Elovl6 promotes nonalcoholic steatohepatitis in mice and humans. 2012年11月26日 、国立京都国際会館

Shigeru Yatoh, Takashi Matsuzaka, Hitoshi Iwasaki, Kazuto Kobayashi, Hiroaki Suzuki, Hitoshi Shimano. 9th IDF-WPR Congress and 4th AASD Scientific Meeting. Estimated Activity Index of Elovl-6 and SCD-1 are Associated with Visceral Fat Area in Type 2 Diabetic Patients. 2012年11月25日 、国立京都国際会館

Takashi Matsuzaka, Rie Matsumori, Tsuyoshi Yamazaki, Haruna Shinozaki, Hiroyuki Daida, Yukio Nagasaki, Hitoshi Shimano. Gelsympo 2012. “PEGylated and quaternized polyamine nanogel”, a brand-new bile acid sequestrant, ameliorates lipoprotein profiles and reduces atherosclerosis in low-density-lipoprotein receptor deficient and apolipoprotein E deficient mice.(ポスター発表) 、October 9-12, 2012、つくば国際会議場

Tadayoshi karasawa, Toru Yoshitomi, Taiki Iwabuchi, Takashi Matsuzaka, Yukio Nagasaki, Hitoshi Shimano. Gelsympo 2012. Radical-containing Nanoparticle Exhibits Anti-atherosclerotic Properties in Low-density Lipoprotein receptor Deficient Mice. October 9-12, 2012, つくば国際会議場

松坂 賢、齋藤 亮、唐澤 直義、松森 理恵、煙山 紀子、中川 嘉、石井 清朗、岩崎 仁、小林 和人、矢藤 繁、高橋 昭光、曽根 博仁、鈴木 浩明、矢作 直也、山田 信博、島野 仁:マクロファージ泡沫化および動脈硬化における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割、第55回日本糖尿病学会年次学術集会、2012年5月19日、パシフィコ横浜

篠崎悠奈、矢作直也、武内謙憲、西真貴子、中川嘉、石井清朗、松坂賢、岩崎仁、小林和人、矢藤繁、高橋昭光、曽根博仁、鈴木浩明、山田信博、島野仁、脂肪酸伸長酵素ELOVL5のエンハンサー領域の同定とSREBPによる発現制御機構の解析、第55回日本糖尿病学会年次学術集会、2012

2011年

Haruna Shinozaki, Takashi Matsuzaka, Yukio Nagasaki, Hitoshi Shimano, et al. A novel bile salt sequestering agent PEGylated and quaternized polyamine nanogel reduces VLDL and LDL cholesterol, raises HDL cholesterol, and prevents atherosclerosis in mice. 第34回日本分子生物学会年会、 2011

Rie Matsumori, Takashi Matsuzaka, Yukio Nagasaki, Hitoshi Shimano, et al. A novel bile salt sequestering agent_”PEGylated and quaternized polyamine nanogel" reduces VLDL and LDL cholesterol, raises HDL cholesterol, and prevents atherosclerosis in mice. 第84回米国心臓協会学術集会(AHA Scientific Sessions2011)、2011

Rie Matsumori, Takashi Matsuzaka, Yukio Nagasaki, Hitoshi Shimano, et al. "PEGylated and quaternized polyamine nanogel" a novel bile salt sequestering agent, ameliorates dyslipidmia through reduction of VLDL and LDL cholesterol, and induction of HDL cholesterol. 第43回日本動脈硬化学会学術集会、 2011

2010年

松坂 賢、島野 仁:非アルコール性脂肪性肝炎の発症・進展における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割、第22回分子糖尿病学シンポジウム、2010

Ryo Saito、Tadayoshi Karasawa、Takashi Matsuzaka、Akimitsu Takahashi、Hitoshi Shimano: Deficiency of Elovl6, long-chain fatty acid elongase, improves foam cell formation of macrophages and atherosclerosis、第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会、2010

Takashi Matsuzaka、Saori Koyasu、Nobuhiro Yamada、Hitoshi Shimano: Nutritional regulation and physiological role of ELOVL family member 5 (Elovl5)、第14回国際内分泌会議、2010

斉藤 亮、唐澤 直義、松坂 賢、高橋 昭光、島野 仁:長鎖脂肪酸伸長酵素Elovl6の欠損はマクロファージ泡沫化および粥状動脈硬化症を改善する、第47回日本臨床分子医学会学術集会、2010

2009年

松坂 賢、島野 仁:脂肪酸組成コントロールの重要性と脂肪酸伸長酵素Elovl6の意義、第24回日本糖尿病合併症学会、2009

松坂 賢、島野 仁:非アルコール性脂肪性肝炎の発症・進展における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割、第82回日本内分泌学会学術総会、2009

松坂 賢、島野 仁:メタボリックシンドロームにおける脂肪酸組成コントロールの重要性と長鎖脂肪酸伸長酵素Elovl6の働き、日本薬学会第129年会、2009

松坂 賢、島野 仁:脂肪酸組成とインスリン抵抗性:脂肪の質的側面による制御、第23回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会、2009

2008年

松坂 賢、島野 仁、矢作 直也、中川 嘉、高橋 昭光、鈴木 浩明、曽根 博仁、豊島 秀男、山田 信博:肥満により引き起されるインスリン抵抗性における長鎖脂肪酸伸長酵素Elovl6の重要な役割、第40回日本動脈硬化学会総会、2008

2007年

松坂 賢, 島野 仁, 矢作直也, 中川 嘉, 山本隆史, 高橋昭光, 鈴木浩明, 曽根博仁, 豊島秀男, 大須賀淳一, 山田信博:脂肪酸伸長酵素Fatty acyl-CoA elongase(FACE)の生体内における機能ならびに病態への関与、第50回日本糖尿病学会年次学術集会、2007

松坂 賢, 島野 仁, 中川 嘉, 渥美綾香, 高橋昭光, 鈴木浩明, 曽根博仁, 豊島秀男, 山田信博:脂肪酸伸長酵素Elovl6の生体内における機能ならびに病態への関与、第22回日本糖尿病合併症学会、2007

2006年

松坂 賢、島野 仁、矢作 直也、中川 嘉、高橋 昭光、鈴木 浩明、曽根 博仁、豊島 秀男、山田 信博:新規長鎖脂肪酸伸長酵素Fatty acyl-CoA elongaseの生体内における機能および病態への関与、第18回分子糖尿病学シンポジウム、2006

加藤 豊範、中久木 正則、河野 浩之、矢野 崇、水口 清、島野 仁、遠藤 祐子、石川 まゆみ、山本 隆史、松坂 賢、高橋 昭光、島野 仁、山田 信博:パルミチン酸によって誘導される膵脂肪毒性をEPAは改善する、第49回日本糖尿病学会年次学術集会、2006

井上 訓之、島野 仁、石川 まゆみ、岡田 純代、中川 嘉、山本 隆史、松坂 賢、高橋 昭光、鈴木 浩明、曽根 博仁、豊島 秀男、矢作 直也、山田 信博:脂肪細胞におけるp21WAF1/CIP1の役割、第49回日本糖尿病学会年次学術集会、2006

高橋 昭光、島野 仁、松坂 賢、斉藤 和美、平嶺 辰英、小俣 勝哉、加藤 豊範、石川 まゆみ、岡田 純代、石垣 直美、岩崎 仁、遠藤 祐子、井上 訓之、山本 隆史、中川 嘉、飯田 薫子、曽根博仁、鈴木 浩明、豊島 秀男、高橋 智、山田 信博:インスリン遺伝子転写因子MafAに変異を有する若年発症糖尿病の症例、第49回日本糖尿病学会年次学術集会、2006

2005年

松坂 賢、島野 仁、矢作 直也、高橋 昭光、山本 隆史、曽根 博仁、豊島 秀男、大須賀 淳一、山田 信博:新規長鎖脂肪酸伸長酵素Fatty acyl-CoA elongaseの生体内における機能および病態への関与、第78回日本内分泌学会学術総会、2005

高橋 昭光、本村 香織、加藤 豊範、吉川 智弘、松坂 賢、山本 隆史、石川 まゆみ、岡田 純代、石垣 直美、飯田 薫子、鈴木 浩明、豊島 秀男、曽根 博人、中川 嘉、島野 仁、山田 信博:膵β細胞にSREBP-1cを発現させたトランスジェニックマウスの検討、第78回日本内分泌学会学術総会、2005

中川 嘉、島野 仁、井出 智広、山本 隆史、松坂 賢、高橋 昭光、鈴木 浩明、曽根 博仁、豊島 秀男、山田 信博:新規栄養代謝転写因子TFE3は糖尿病モデルマウスの病態を改善する、第48回日本糖尿病学会年次集会、2005

矢作 直也、島野 仁、松坂 賢、関谷 元博、名島 悠峰、武内 謙憲、五十嵐 正樹、高瀬 暁、田嶋 麻紀子、岡崎 佐智子、岡崎 啓明、田村 嘉章、飯塚 陽子、大橋 健、原田 賢治、後藤田 貴也、石橋 俊、山田 信博、大須賀 淳一、門脇 孝:脂肪肝におけるp53の活性化と肝細胞障害への関与、第48回日本糖尿病学会年次集会、2005

高橋 昭光、加藤 豊範、中川 嘉、石川 まゆみ、山本 隆史、松坂 賢、井上 訓之、岡田 純代、石垣 直美、島野 仁、山田 信博:膵β細胞にSREBP-1cを発現させたトランスジェニックマウスの検討、第48回日本糖尿病学会年次集会、2005

矢作 直也、島野 仁、関谷 元博、松坂 賢、武内 謙憲、大橋 健、石橋 俊、山田 信博、大須賀 淳一、門脇 孝:脂肪肝の病態への腫瘍抑制因子p53の活性化の関与、第37回日本動脈硬化学会学術総会、2005

2004年

松坂 賢、島野 仁、矢作 直也、高橋 昭光、曽根 博仁、豊島 秀男、石橋 俊、大須賀 淳一、山田 信博:STZ糖尿病マウスの肝臓におけるインスリン非依存的SREBP-1c発現誘導、第47回日本糖尿病学会年次集会、2004

矢作 直也、関谷 元博、島野 仁、松坂 賢、冨田 佐智子、岡崎 啓明、田村 嘉章、飯塚 陽子、大橋 健、原田 賢治、後藤田 貴也、石橋 俊、山田 信博、大須賀 淳一、門脇 孝:多価不飽和脂肪酸によるSREBP-1を介した肥満マウス脂肪肝の改善、第47回日本糖尿病学会年次集会、2004

山本 隆史、島野 仁、中川 嘉、井出 智広、矢作 直也、松坂 賢、高橋 昭光、鈴木 浩明、曽根 博仁、豊島 秀男、山田 信博:SREBP-1はHNF-4αと結合し糖新生系遺伝子の発現を抑制する、第47回日本糖尿病学会年次集会、2004

矢作 直也、関谷 元博、島野 仁、松坂 賢、大橋 健、原田 賢治、石橋 俊、山田 信博、大須賀 淳一、門脇 孝:多価不飽和脂肪酸によるSREBP-1を介した肥満マウス脂肪肝の改善、第36回日本動脈硬化学会学術総会、2004